西京区 桂駅周辺で賃貸お探しならレ・ゼフィール

桂駅の賃貸は西京区のレ・ゼフィールにお任せ下さい。学生さんや新婚さんにオススメの物件を紹介する賃貸情報会社です。ネット割引もございます。
  • 新婚さんはヴェルデュール
  • オーナーブログ
オーナーのブログ

西芳寺(京都市西京区)

世界遺産。「苔寺」と聞けばピンとくる人も多いのでは? 西芳寺 (さいほうじ)は、京都 賃貸マンションレ・ゼフィール、ヴェルデュールから自転車で15分ぐらいで行けます。近くに、若者に人気のある鈴虫寺もあります。京都市西京区松尾にある臨済宗の寺院。一般には通称の苔寺で知られる。山号を洪隠山と称する。本尊は阿弥陀如来、開山は行基、中興開山は夢窓疎石である。「古都京都の文化財」の一部として世界遺産に登録されている。

寺伝では今、西芳寺のある場所は聖徳太子の別荘であったものを、奈良時代の僧・行基が寺にしたもので、当初は「西方寺」と称し、阿弥陀如来を本尊とする法相宗の寺であったという。その後、空海、法然などが入寺したと寺伝には伝える。こうした寺伝は額面どおり受け取ることはできないが、何らかの前身寺院があったものと思われる。

近くにある松尾大社の宮司藤原親秀(ちかひで)は、暦応2年(1339)、当時の高僧であり作庭の名手でもあった夢窓疎石(夢窓国師)を招請して、すっかり荒れ果てていたこの寺を禅寺として再興した。もとの寺名「西方寺」は、西方極楽浄土の教主である阿弥陀如来を祀る寺にふさわしい名称であるが、夢窓疎石はこれを「西芳寺」と改めた。「西芳」は「祖師西来」「五葉聯芳」という、禅宗の初祖達磨に関する句に由来するという。

所在地
京都府京都市西京区松尾神ケ谷町56